鍵開け時に便利なオートロックシステムの種類と魅力

鍵紛失のリスクを防ぎたいならプロの鍵交換がおすすめ

オートロックシステムの種類

鍵をかけ忘れることがないオートロックは、大変便利で防犯にも役立ちます。そんなオートロックシステムを解説します。

オートロックシステムは3種類に分類される

電池式
配線工事がいらず、扉の部分に工事するだけで設置できるのが電池式のオートロック錠です。賃貸物件にもつけやすく、導入費も抑えられるメリットがあります。たとえば、出入りの多くない小規模の事務所やマンションなどに適しています。
電気式
電気錠にはさまざまな種類があるので、設置したい扉に合わせて選びましょう。施設に設置するときは、警備員または警備会社が持っているマスターキーに合わせることも可能です。なお、オートロックと言えば電気式が一般的で最も多く使われています。
電磁石錠
電磁石錠は、電磁石の力で施錠する錠で、電気式のオートロック錠が設置できないタイプの扉でも取り付けが可能です。しかし、停電すると扉が開いてしまうので、既存の錠を鍵で施錠するまたはバッテリーを使って電磁石を動かして施錠しましょう。

オートロック錠は安心で便利な鍵です。設置するオフィスの扉の形状やスタッフの人数、出入りの頻度などにより適したタイプを選びましょう。

カードキーを導入する際の心得

玄関

オートロックシステムを採用しているカードキーは、防犯性にも利便性にも優れた鍵です。よりスムーズに使うには、以下にあげるポイントをよく守りましょう。

常にカードキーを携帯するようにする

カードキーはオートロックシステムになっているために、自分で鍵をかけなくても扉を閉めるだけで自動的に鍵がかかってしまいます。そのため、カードキーを部屋に置いたまま扉が閉まると部屋に入れなくなり、鍵開けが必要になることもあるのです。閉じ込められてしまわないためにも日頃から鍵は持ち歩くようにしましょう。

大切に扱うようにする

薄くて持ち運びも簡単なカードキーですが、繊細なので丁寧に取り扱う必要があります。むやみに曲げたり、衝撃を加えたりすることはやらないように注意しましょう。カードキーにつけられたICチップが破損すると使えなくなるのです。カードキーは、正しく使いこなすことができればとても便利で防犯にも役立ちます。使い方の注意を守って破損しないよう日頃から丁寧に扱いましょう。

TOPボタン
オートロックの魅力|カードキーやオートロックシステムで鍵開け対策