鍵紛失時に必要な鍵開けのリスクを減らすカードキー

鍵紛失のリスクを防ぎたいならプロの鍵交換がおすすめ

職場の大切な鍵を紛失~急ぎの鍵開けはプロに任せる~

カードキー

職場などの鍵を預かっていたけれど、うっかり紛失して困ったことはないでしょうか。鍵開けをしただけで不安なときは、カードキーへの交換をおすすめします。

プロを利用するメリットとは

どの種類の鍵開けにも対応
鍵はさまざまな種類があるうえに複雑な構造なので、素人が簡単に開けることはできません。しかし、鍵開けのプロなら経験豊富なうえに知識もあるので手早く開錠してくれるでしょう。ディンプルキーのように複雑な構造の鍵でも対応可能です。
スピーディな対応が可能
職場の鍵をなくしてしまった場合のように、緊急事態の鍵開けにもプロは対応してくれます。多くの錠前技師を抱えている業者は、平均15分で現場に到着することも可能です。早朝から深夜まで営業している所ならいつでもスピーディな対応ができます。
解錠ができなかった場合費用が発生しない
鍵開けの料金は、鍵の種類の難易度によって変わってきますが、もし解錠できなければ費用は受け取らないという良心的なサービスがある業者が多く、鍵開けが難しい場合でも安心です。ホームページなどではっきりと、解錠できなければ無料と書かれているとなおよいでしょう。

実際に鍵開けをしてもらった人の声

アルバイトの子が鍵を紛失してしまった(30代/男性)

飲食店を経営していますが、アルバイトの子が預けておいた店の鍵をなくしてしまい困ったことになりました。しかもその鍵はカードキーで、カードなしで解錠できるのか不安だったんです。そんな時プロに鍵開けをお願いしたところ、驚くほどスピーディに現場へ来てくれて、鍵開け作業を進めてくれました。おかげで店の開店時間に間に合わせることができました。

センサー式のハイテク錠を作ってもらった(30代/男性)

以前車の鍵をなくしたときに急いで職場へ行きたいにも関わらず、電車での移動になり遅刻してしまったのです。大変不便な思いをしたことから、鍵開けをお願いすると同時にセンサー式の鍵にしてもらいました。おかげでいちいち鍵を探す手間が省け、車での出勤も大変スムーズです。センサー式のカードキーはとても気に入っています。

鍵をなくしたなど困った時にはプロの鍵開けを依頼しましょう。少しでも早く解錠してほしい時ほどおすすめです。

紛失した鍵によっては交換が必要?

鍵をなくしてしまった時、鍵の交換が必要になることもあります。ここでは交換におすすめのカードキーについてご紹介します。

機密事項が流出する恐れ

職場の鍵をなくした場合、それがどこの鍵かによって重要度が変わります。例えば更衣室の個人ロッカーの鍵であれば、まだ上司からの注意程度で鍵開けをして終わりでしょう。しかし、玄関や金庫などの鍵となれば重大な問題になり法的責任が追及される可能性があります。会社には機密事項が保管されており、そのデータが流出することで二次被害まで起こる可能性があるからです。もし、そのような重要な場所の鍵をなくしてしまった際には黙らず速やかに上司などへ報告をしましょう。第三者の手に渡る前に、鍵の交換をすることも視野に入れた方がいいです。

交換をするならカードキーがおすすめ

防犯

カードキーは磁気情報を記録し、それに基づいて施錠や開錠をします。そして、センサーにカードを近づけるだけで開錠できるタイプとカードキーを差し込んで開錠するタイプにわかれています。もし、職場の鍵をなくしてしまった場合は、鍵の複製をしてもらうのではなく鍵自体を交換したほうがおすすめです。カードキーなら、鍵穴がないのでピッキングもされにくいですし、複製される心配も減ります。

TOPボタン
カードキーやオートロックシステムで鍵開け対策